発電所 発電所

▲2023年7月運転開始の苅田バイオマス発電所/福岡県京都郡苅田町鳥越町13-6
燃料使用量:約280千t/年(PKS、木質ペレット、未利用材、建築廃材)

土地面積66,000m2 発電出力50,000kw

バイオマス発電のしくみ


バイオマス発電とは、動植物等の生物から作り出される有機性のエネルギー資源を燃焼して発電する仕組みをいいます。 当社では木質ペレット、パーム椰子殻、建築廃材等の資源を使用し、供給元の燃料企業との長期的な安定供給を可能にしています。

仕組み 仕組み

バイオマス発電の特徴


  • 地球温暖化対策に有効

    一般的にものを燃やすとCO2が発生し、地球温暖化を引き起こす要因になるといわれていますが、木質バイオマス発電は燃やしてもCO2の増減に影響を与えない「カーボンニュートラル」という考え方に基づいています。植物が燃やされることで排出されるCO2は、成長過程で光合成により大気中のCO2を吸収するので、排出と吸収によるCO2のプラス・マイナスはゼロになります。

  • 循環型社会を構築

    未活用の廃棄物を燃料とするバイオマス発電は、廃棄物の再利用や減少につながり、循環型社会構築に大きく寄与します。

  • 農山漁村の活性化

    国内の農山漁村に存在するバイオマス資源を活用することで、自然環境機能を維持増進し、その持続的発展を図ることが可能です。

矢印 バイオマス発電は太陽光発電と変わらず、地球に優しいクリーンなエネルギー! バイオマス発電は太陽光発電と変わらず、地球に優しいクリーンなエネルギー!

バイオマス発電事業


燃料部門

燃料については下記までお問い合わせください

関連リンク

Copyright © 2020
TTS Planning,
All rights reserved.